女性脱毛症|びまん性脱毛症と広汎性脱毛症

女性用

びまん性脱毛症と広汎性脱毛症

スポンサードリンク

びまん性脱毛症と広汎性脱毛症は、同じです。

 

言い方が違うだけで、女性に多い、脱毛範囲が広いことです。

 

一時的な脱毛の可能性もあると言われているのが、大きな特徴で、妊娠や授乳期の女性にも見られたり、極端なダイエットでも、広汎性脱毛症、びまん性脱毛症と診断されることがあります。

 

全体に毛が痩せてきたり、脱毛も気になることですが、このまま放っておいたら、ハゲてしまう心配もある方は、必ず皮膚科に行くようにしてください。

 

特に高齢者の方は、歳だから仕方ないと諦めてしまう場合も多いのですが、女性でしたら、いつまでもヘアスタイルをきにしたい方は多いことでしょう。

 

びまん性脱毛症の場合、投薬で回復することもあります。

 

円形脱毛症について

この広範囲の脱毛症と違いがあるのが、局所脱毛症といわれるもので、円形脱毛症などです。

 

強いストレスを一時的に感じて、あっというまにハゲを作ってしまうものです。

 

この脱毛症とは大きく違いがあります。

 

びまん性脱毛症などの場合、あまり目立つことなく、時間をかけてゆっくりと毛が薄くなるといったほうが良いでしょう。

 

円形脱毛症の場合、あっというまにハゲてしまうもので、薄毛や脱毛などではなく、ハゲそのものなのです。

 

原因の特定

広汎性脱毛症になった場合、原因の特定ですが、ストレスや疲労、貧血等の他に、甲状腺の病気、リウマチなどの病気が潜んでいる場合もあります。

 

しかし、たいていは、長年のストレスや間違ったダイエットが原因と言われています。

 

ストレスに関しては、円形脱毛症と同じことが言えます。

 

おすすめ情報

スポンサードリンク


 
薄毛の原因 薄毛のお悩みQ&A おススメの育毛剤