女性脱毛症|脱毛症の特徴

女性用

男性とは違う?

スポンサードリンク

脱毛症というと、髪のトラブル全体を指します。

 

大きな特徴としては、抜け毛、薄毛などになりますが、女性と男性では根本的に違います。

 

髪の毛全体が薄くなる点については同じですが、女性の場合、髪の毛が痩せる事により、薄毛になってしまうことが多いようです。

 

抜け毛も多いのですが、男性ほど顕著ではありません。

 

そして、薄くなるのが頭頂部、髪の分け目であることで気にされている方も多くいらっしゃいます。

 

このような脱毛症の主な原因としては、年齢、ストレス、ダイエットなどですが、女性は生理による女性ホルモンのトラブルが大きいとされています。

 

女性ホルモンとの関係

瀰漫(びまん)性,脱毛症,女性,薄毛

女性の脱毛症は、女性ホルモンが関係しています。

 

閉経に伴う女性ホルモンの減少は、多々でも発毛に大きな影響を与えます。

 

たいていの脱毛症の原因が、大量の抜け毛ではなく、なんとなくボリュームがなくなってきたというのが、女性の特徴と言えます。

 

いきなりハゲたと言うよりは、髪型のセットが難しくなってきたというものです。

 

それによって、私も髪の悩みを抱えるようになったと自覚することが多いようです。

 

体の内側からのアプローチ

そんな時に育毛シャンプーなどに手ででますが、それも効果がありますが、自身の体で何とかできることを考えてみましょう。

 

女性ホルモンのアプローチのできる大豆製品、良質たんばく質、豊富なビタミンなど、髪のためと言うよりは、健康に留意した食生活を始めてみてください。

 

そして、ヘアケアもシンプルなもので、あまり色々しないほうが良いと言われています。

 

おすすめ情報

スポンサードリンク

女性脱毛症|脱毛症の特徴記事一覧

女性脱毛症|びまん性脱毛症と広汎性脱毛症

びまん性脱毛症と広汎性脱毛症は、同じです。言い方が違うだけで、女性に多い、脱毛範囲が広いことです。一時的な脱毛の可能性もあると言われているのが、大きな特徴で、妊娠や授乳期の女性にも見られたり、極端なダイエットでも、広汎性脱毛症、びまん性脱毛症と診断されることがあります。全体に毛が痩せてきたり、脱毛も...

≫続きを読む

 

 
薄毛の原因 薄毛のお悩みQ&A おススメの育毛剤