女性脱毛症|自毛植毛|クリニック(病院)選び

女性用

カウンセリングの前に

スポンサードリンク

いざ自毛植毛をしようと言う時に、大切なのが病院選びです。

 

最初に、自毛植毛についての幾つかの手術などを調べておき、自分なりのメリット・デメリットを挙げておくと良いでしょう。

 

そして、口コミなども見たあとで、実際のカウンセリングの時に、疑問点をぶつけてみてください。
こちらは素人ですから、素朴な疑問を投げかけることになりますが、その質問にすべて回答し、納得できるものであれば、良いでしょう。
カウンセリングだけでしたら、たいてい無料です。
かならず、いくつかの病院でのカウンセリングを受けてみてください。

 

上手なドクターがベスト

自毛植毛というと、あの先生の腕が良いというのは、見逃す手はありません。

 

結局は、技術面が物を言いますから、うまいドクターにかかることが理想でしょう。
センスの問題もありますから、口コミなどはよく見る必要があります。

 

スタッフの質も関係しますし、多くの患者がいるというのも決めての一つです。
料金よりも、ドクターの腕が問題としては大きいとされています。

 

手術内容にも踏み込んで

病院の比較をした時には、自毛植毛の方法や、植毛する毛の採取方法なども聞いてみてください。
そのときに無駄なく、一度に多くの毛の採取ができる技術の有無や植毛方向の調節と言った細かな技術があるかなども伺ってみてください。
最先端の技術が物をいう自毛植毛ですから、多くの患者を診ている、そして負担の小さな手術ができドクターは信頼をおくことができます。
再手術なんていうことがないよう、細心の心配りができるというのもポイントの一つです。

 

スポンサードリンク

女性脱毛症|自毛植毛|クリニック(病院)選び関連ページ

自毛植毛と人工毛植毛の違い
植毛には、自毛植毛と人工毛植毛があります。 その違いは? 技術は先進的なことで、一昔前までは、人工毛が主流でした。 毛だけを採取して植毛する方法と皮ふの一部を切り取る方法がありますが、どちらも手術になります。
自毛植毛の手術の流れ
自毛植毛の手術は、日帰りでOKの場合が多いです。 植える毛が2000本くらいの場合、余裕で日帰りができます。 手術前に、カウンセリングを進めていって、だいたいの流れも把握しているのですが、そのときにどこの自毛をどのくらい採取をするのかとか、植毛についての話が続きます。
自毛植毛のメリットとデメリット
自毛植毛は植毛の中でもメリットしかないというくらい、人工毛植毛と比較をしても人気があります。 自毛植毛の最大のメリットは、定着後の発毛があることです。

 
薄毛の原因 薄毛のお悩みQ&A おススメの育毛剤