女性脱毛症|自毛植毛のメリットとデメリット

女性用

メリット その1

スポンサードリンク

自毛植毛は植毛の中でもメリットしかないというくらい、人工毛植毛と比較をしても人気があります。

 

自毛植毛の最大のメリットは、定着後の発毛があることです。
すぐに生える保証はありませんが、自分の毛だけではなく、皮ふも移植することで、再びそこから“自分の毛”が生える喜びがあります。

 

そして、再び生えてきたのなら、今までどおりの自分の毛としては、植毛のことは忘れることができるということです。
当たり前の展開を自毛植毛と言う形で、本来の自分を取り戻すことになる、これは素晴らしいことでしょう。

 

ウィッグやかつらなんていうのは、無用なのは当たり前です。

 

メリット その2

自毛植毛は自分の毛ですから、仕上がりがごく自然です。

 

そして、ずれる心配もなく、育毛剤のように生えるかどうかの不安もありません。
口外しなければ、絶対にバレることもないというのは、自毛植毛のメリットでしょう。

 

一度定着することで、気を使うことなく安心して、ヘアスタイルを楽しむ事ができます。

 

デメリットの数々

一方、デメリットに関しては、一番気になる費用ですが、どうしても割高になります。

 

そして、自分の毛をとる手術をすることもありますから、当然ヘアスタイルの選択もできなくなります。
広範囲の薄毛の時にはできませんし、実際多く生えていたとしても、そこの毛は取れませんと言う展開もありです。

 

また、毛の採取の際に、頭皮のへこみや周辺部の抜け毛がひどくなることもあります。
メリット・デメリットをよく検討して、自毛植毛に挑むことをオススメします。

 

スポンサードリンク

女性脱毛症|自毛植毛のメリットとデメリット関連ページ

自毛植毛と人工毛植毛の違い
植毛には、自毛植毛と人工毛植毛があります。 その違いは? 技術は先進的なことで、一昔前までは、人工毛が主流でした。 毛だけを採取して植毛する方法と皮ふの一部を切り取る方法がありますが、どちらも手術になります。
自毛植毛の手術の流れ
自毛植毛の手術は、日帰りでOKの場合が多いです。 植える毛が2000本くらいの場合、余裕で日帰りができます。 手術前に、カウンセリングを進めていって、だいたいの流れも把握しているのですが、そのときにどこの自毛をどのくらい採取をするのかとか、植毛についての話が続きます。
自毛植毛|クリニック(病院)選び
自毛植毛をしようと言う時に、大切なのが病院選びです。 最初に、自毛植毛についての幾つかの手術などを調べておき、自分なりのメリット・デメリットを挙げておくと良いでしょう。 そして、口コミなども見たあとで、実際のカウンセリングの時に、疑問点をぶつけてみてください。

 
薄毛の原因 薄毛のお悩みQ&A おススメの育毛剤