女性脱毛症|自毛植毛と人工毛植毛の違い

女性用

自毛植毛とは?

スポンサードリンク

植毛には、自毛植毛と人工毛植毛があります。

 

その違いは?
自毛植毛は、文字通り自分の毛を植毛することを言います。

 

部分的な薄毛の場合は、フサフサにある自分の毛を使用して、そこに植え付けをします。
考えたら、ごく自然なことです。

 

どこの毛も同じですから、自然な形でのヘアスタイルを演出できるのはいうまでもありません。

 

ただし、この技術は先進的なことで、一昔前までは、人工毛が主流でした。
毛だけを採取して植毛する方法と皮ふの一部を切り取る方法がありますが、どちらも手術になりますが、局部麻酔を施すことによって、痛みなどは一切ありません。

 

人工毛とは?

人工毛植毛とは、ポリエチレンや塩化ビニール製の毛を植毛する方法です。
1本1本植え付けることで、髪が誕生します。

 

すでに自毛がない方、薄毛の進行が進んでいる方などに用いる方法として、植毛誕生の頃にはし主流の方法でした。
1本ずつの手作業ですから、その方のクセの演出ができたり、バランスよく植毛ができるなどの良さはあります。

 

人間の毛髪ではないことを前提にしても、いかにも人工毛と言うものから、かなり毛髪に近いものまで種類も豊富です。

 

自毛植毛のススメ

自毛と人工毛の違いは、植毛方法だけではなく、中身の問題です。

 

自毛では、自分の毛ですからトラブルは少ないものの、人工毛の場合は、拒否反応や炎症、アレルギーの報告も多いとされています。

 

現在、日本においては、特に自毛植毛がオススメということですが、これはトラブルの多い人工毛植毛のことを知れば当たり前のことです。

 

スポンサードリンク

女性脱毛症|自毛植毛と人工毛植毛の違い関連ページ

自毛植毛の手術の流れ
自毛植毛の手術は、日帰りでOKの場合が多いです。 植える毛が2000本くらいの場合、余裕で日帰りができます。 手術前に、カウンセリングを進めていって、だいたいの流れも把握しているのですが、そのときにどこの自毛をどのくらい採取をするのかとか、植毛についての話が続きます。
自毛植毛のメリットとデメリット
自毛植毛は植毛の中でもメリットしかないというくらい、人工毛植毛と比較をしても人気があります。 自毛植毛の最大のメリットは、定着後の発毛があることです。
自毛植毛|クリニック(病院)選び
自毛植毛をしようと言う時に、大切なのが病院選びです。 最初に、自毛植毛についての幾つかの手術などを調べておき、自分なりのメリット・デメリットを挙げておくと良いでしょう。 そして、口コミなども見たあとで、実際のカウンセリングの時に、疑問点をぶつけてみてください。

 
薄毛の原因 薄毛のお悩みQ&A おススメの育毛剤