女性脱毛症|薄毛対策:かつら・ウィッグの選び方

女性用

基準は何?

スポンサードリンク

かつらやウィッグの選び方は、何を基準にするかでしょう。
どうしたウィッグやかつらを付けたいかによって大きく変わります。

 

ウィッグには、人毛と人工毛という2つの種類のものがあり、それぞれの種類の中でも内容が変わってきます。
なんといっても、予算の関係なら、人工毛が絶対ですが、自然なかつらを付けたい場合は、人毛が良いとされています。

 

選び方によっては、人それぞれですが、良いもので安くて、なんていう場合は、かなり慎重に選ばなくてはならないでしょう。

 

人毛と人工毛 どっちが良い?

人毛のかつらが良いのは、昔から言われていますが、人工毛が悪いと一方的には決めつけられません。

 

人工毛は、メンテナンスがあまり必要ないことで、手軽に装着することができ、人毛とミックスのものであれば、デメリットがへるばかりではなく、見た目にも人毛とあまり変わらないかつらも登場しています。

 

ですから、簡単に決めるのではなく、高い人毛ウィッグにこだわっている方も人工毛のモノも検討してみてください。

 

メーカーも比較して

驚くことに、かつらやウィッグは、メーカーによって、内容が大きく変わってきます。
当然金額も違いが大きいですから、是非ウィッグを選ぶ時には、数メーカーからの選択をオススメします。

 

モノによっては、人工毛なのか人毛なのかわからないほどの質感なのに、価格が安いというモノもあったり、新製品などには、注目してみるとよいでしょう。

 

かつらやウィッグの業界は、日進月歩で新しいものがどんどんと登場している業界です。 

 

 

スポンサードリンク

女性脱毛症|薄毛対策:かつら・ウィッグの選び方関連ページ

かつら・ウィッグの種類
最近のウィッグは、大きく分けて3種類の毛を使っているとされています。 そして、毛の種類は2種類で、人毛と人工毛です。 3種類というのは、人毛、人工毛、人毛と人工毛のミックスに区別することになります。 それぞれにメリット・デメリット、そして金額で差があります。
かつら・ウィッグ使用の注意点
かつらやウィッグを使用するのには、いくつか注意点が存在します。 主なものとしては、お手入れと保存などです。 使用説明書の書いてあるとおりにかならず従い、いつまでも使用できるようにするには、間違った使い方をしないことです。
医療用かつらについて
かつらの中には、医療用かつらも存在します。 これは、女性で薄毛対策の一つでもありますが、抗がん剤治療の段階や、傷などできて、かつらをしなくてはならない方のものと言えます。

 
薄毛の原因 薄毛のお悩みQ&A おススメの育毛剤