女性脱毛症|かつら・ウィッグの種類

女性用

かつら・ウィッグの種類

スポンサードリンク

ウィッグにはいくつか種類があります。
何が一番気になるか?というと、何の毛でできているか?ということではないでしょうか?

 

最近のウィッグは、大きく分けて3種類の毛を使っているとされています。
そして、毛の種類は2種類で、人毛と人工毛です。

 

3種類というのは、人毛、人工毛、人毛と人工毛のミックスに区別することになります。
それぞれにメリット・デメリット、そして金額で差があります。

 

実際にウィッグを手にする時には、そのような事を勘案して、選択するようにしてください。

 

人毛のメリット・デメリット

人毛ウィッグのメリットは、自然な感じでしょう。

 

スタイリングが可能でパーマもカラーも自毛のように行なうことができます。

 

デメリットは、高いことと、少し重たいとされています。
メンテナンスが必要で形も崩れやすいのですが、これは自分の髪と行なっていたことを同じように行なうと良いでしょう。

 

色あせし易いことから、定期的な染め直しをしなくてはならないこともあります。

 

人工毛のメリット・デメリット

色あせもなく、安価な人工毛のウィッグは、手入れが楽で、染め直しもいりません。
耐熱ウィッグにすることで、アイロンもOKで、手軽に使用することができます。

 

デメリットとしては、やっぱり人工毛として、自分の髪と馴染みにくい場合があります。
こんな時には、人毛とのミックスのウィッグを使ってみることもオススメです。

 

人毛のデメリットを軽減することができます。
とは言え、やはり実際に手にしてから、人毛と人工毛のウィッグを選ぶことをオススメします。

 

スポンサードリンク

女性脱毛症|薄毛対策:かつら・ウィッグの種類関連ページ

かつら・ウィッグの選び方
かつらやウィッグの選び方は、何を基準にするかでしょう。 どうしたウィッグやかつらを付けたいかによって大きく変わります。 ウィッグには、人毛と人工毛という2つの種類のものがあり、それぞれの種類の中でも内容が変わってきます。
かつら・ウィッグ使用の注意点
かつらやウィッグを使用するのには、いくつか注意点が存在します。 主なものとしては、お手入れと保存などです。 使用説明書の書いてあるとおりにかならず従い、いつまでも使用できるようにするには、間違った使い方をしないことです。
医療用かつらについて
かつらの中には、医療用かつらも存在します。 これは、女性で薄毛対策の一つでもありますが、抗がん剤治療の段階や、傷などできて、かつらをしなくてはならない方のものと言えます。

 
薄毛の原因 薄毛のお悩みQ&A おススメの育毛剤