女性脱毛症|牽引性(けんいんせい)脱毛症

女性用

牽引性脱毛症とは?

スポンサードリンク

牽引性脱毛症とは、牽引(髪を必要以上に引っ張る)ことで、脱毛してしまう症状を言います。

 

髪の長い方でポニーテールなど、いつも同じ場所にキリリッと縛っているという方に多く発生します。
縛ること自体は悪いことではありませんが、いつも同じ場所で、強く縛っていることが原因です。

 

多少の引っ張りには髪は、丈夫に対応することができますが、その頻度が毎日、何年も続いたりすることで、どうしても、そこだけクセがつくことになります。

 

頭皮に激しい刺激を与えつづけることによる牽引性脱毛症。
時には、縛る位置を変えたり、髪型を変えることをおすすめします。

 

 

男性と女児の親に忠告

女性ならではの牽引性脱毛症ですが、最近は男性にも髪を縛る方が増えています。
男性の場合、脱毛症と言っても、納得ですが、実は牽引性脱毛症でした、何ていうこともあり得ます。

 

女性といえば、親が女児の髪を縛るときにも、牽引性脱毛症には気をつけてください。
もちろん新陳代謝が盛んな子どもですから、多少の牽引には耐えられますが、強く縛ることをクセとしてしまった場合、大人になっても、このクセが抜けないこともあるらしいのです。

 

牽引性脱毛症の治し方

牽引性脱毛症の場合、即刻縛るのを中止して、頭皮マッサージなどをして、刺激をなくしてみましょう。

 

血行がよくなっていくことで、少しずつ回復していきます。
わざわざ育毛剤を使うことはありませんが、心配なら皮膚科に相談をしてみてください。

 

そして、しばらく縛るのは中止、思い切ってショートカットにすると良いかも?

 

スポンサードリンク

女性脱毛症|牽引性(けんいんせい)脱毛症関連ページ

女性脱毛症|分娩後(産後)脱毛症
女性脱毛症の分娩後脱毛症については、文字通り、出産後に脱毛症が起こることを言います。 一時的なもので、出産後1年くらいで、自然に治るとされています。
批糠性(ひこうせい)脱毛症
女性脱毛症は、病名がついているものも多くあります。 びまん性脱毛症、円形脱毛症、牽引性脱毛症などがあり、それぞれの原因が取り除かれることで、解決できるものもあります。
脂漏性(しろうせい)脱毛症
脂漏性脱毛症は、皮脂の分泌が異常に多いことから、抜け毛が増加してしまいます。 もともとベタベタ体質という方に多いと言われていますが、脂肪分の多い食事を何が年続けることで、脱毛症になってしまうと言われています。
女性男性型脱毛症(FAGA)
薄毛や脱毛で悩んでいる女性の中で、その原因が女性男性型脱毛症(FAGA)のケースがあります。 これは、男性型脱毛症(AGA)の女性版です。 いうなれば、男性のような脱毛の症状が女性にも起こってしまうということになります。 もともと、女性と男性の脱毛の仕方は違うとされています。
慢性休止期型脱毛
慢性休止期型脱毛、女性に多い脱毛です。 ヘアサイクルの中で、発毛をしない休止期間が極端に長いことによります。 人間の毛髪は、発毛し成長し、やがて抜け落ちます、 ある期間頭皮を休ませるのですが、慢性休止型脱毛の場合、休むときが長いため、薄毛になってしまいます。
老人性脱毛症
老人性脱毛症とは、だいたい60歳を境に薄毛や脱毛が見られる現象です。 これは、老化現象の1つとして、体内の細胞の衰えが引き起こすもので、新しい発毛が経る、生えてくる毛も細く弱いといったことで、頭髪全体が薄毛になるものです。
女性若年性脱毛症
最近は、女性の若年性脱毛症は、老化が原因ではなく、自身のヘアサイクルの大幅な乱れが原因とされています。 要するに、生活習慣、不健康な毎日が引き起こすトラブルの一つです。
遺伝性脱毛症
女性にも遺伝性脱毛症は存在します。 男性の場合、祖父や父が脱毛症だと、自分もそうなる可能性が高いとされています。 この場合の脱毛症は、AGA脱毛症と言って、男性脱毛症を指します。 女性の場合も、男性脱毛症による脱毛が遺伝性脱毛症とされています。

 
薄毛の原因 薄毛のお悩みQ&A おススメの育毛剤