女性脱毛症|遺伝性脱毛症

女性用

AGA脱毛症になってしまうこと?

スポンサードリンク

女性にも遺伝性脱毛症は存在します。
男性の場合、祖父や父が脱毛症だと、自分もそうなる可能性が高いとされています。
この場合の脱毛症は、AGA脱毛症と言って、男性脱毛症を指します。
女性の場合も、男性脱毛症による脱毛が遺伝性脱毛症とされています。
要するに、両親の脱毛が遺伝しているということになります。
このパターンは結構多く、ある年齢に達したら、やはり親と同じように薄毛になっていく女性も数多くいらっしゃいます。
もっとも、それまでの生活様式にも関係が深いのは確かですが。

 

女性ホルモンの変化

女性の遺伝性脱毛症は、男性の典型的なAGA脱毛症の形とは違います。
分け目が薄くなったり、頭頂部だけが何となく目立つ薄毛になってしまいます。
AGA脱毛症は、毛髪が縮小して、軟化していくことで、脱毛症に至ることになります。
女性もそうした現象になっていくことも多いですが、それが顕著に現れるのが、閉経後の毛髪です。
ですから、AGA脱毛症に近づくのは、女性ホルモンのバランスが崩れる、女性ホルモンの分泌が少なくなってしまうことが原因とも言われていますが、気になる方は、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

 

思春期に突然脱毛症?

女性若年性脱毛症の中で、思春期くらいから、薄毛になっていく方もいらっしゃいます。
これは、急激にホルモンバランスが崩れる段階で、思春期に極端な崩れ方をした場合があるからです。
そのまま放っておくことで、致命的な脱毛症になってしまうこともありますから、遺伝性脱毛症と合わせて医師に相談されることをオススメします。

 

スポンサードリンク

女性脱毛症|遺伝性脱毛症関連ページ

女性脱毛症|分娩後(産後)脱毛症
女性脱毛症の分娩後脱毛症については、文字通り、出産後に脱毛症が起こることを言います。 一時的なもので、出産後1年くらいで、自然に治るとされています。
女性脱毛症|牽引性(けんいんせい)脱毛症
【牽引性脱毛症】とは、髪の毛を牽引(髪を必要以上に引っ張る)するで、おこる脱毛症状を言います。 例えば、ポニーテールなどできつく縛る事で、生え際に負担をかける事で起る症状ですので、簡単に改善する事が出来ます。
批糠性(ひこうせい)脱毛症
女性脱毛症は、病名がついているものも多くあります。 びまん性脱毛症、円形脱毛症、牽引性脱毛症などがあり、それぞれの原因が取り除かれることで、解決できるものもあります。
脂漏性(しろうせい)脱毛症
脂漏性脱毛症は、皮脂の分泌が異常に多いことから、抜け毛が増加してしまいます。 もともとベタベタ体質という方に多いと言われていますが、脂肪分の多い食事を何が年続けることで、脱毛症になってしまうと言われています。
女性男性型脱毛症(FAGA)
薄毛や脱毛で悩んでいる女性の中で、その原因が女性男性型脱毛症(FAGA)のケースがあります。 これは、男性型脱毛症(AGA)の女性版です。 いうなれば、男性のような脱毛の症状が女性にも起こってしまうということになります。 もともと、女性と男性の脱毛の仕方は違うとされています。
慢性休止期型脱毛
慢性休止期型脱毛、女性に多い脱毛です。 ヘアサイクルの中で、発毛をしない休止期間が極端に長いことによります。 人間の毛髪は、発毛し成長し、やがて抜け落ちます、 ある期間頭皮を休ませるのですが、慢性休止型脱毛の場合、休むときが長いため、薄毛になってしまいます。
老人性脱毛症
老人性脱毛症とは、だいたい60歳を境に薄毛や脱毛が見られる現象です。 これは、老化現象の1つとして、体内の細胞の衰えが引き起こすもので、新しい発毛が経る、生えてくる毛も細く弱いといったことで、頭髪全体が薄毛になるものです。
女性若年性脱毛症
最近は、女性の若年性脱毛症は、老化が原因ではなく、自身のヘアサイクルの大幅な乱れが原因とされています。 要するに、生活習慣、不健康な毎日が引き起こすトラブルの一つです。

 
薄毛の原因 薄毛のお悩みQ&A おススメの育毛剤