女性脱毛症|脂漏性(しろうせい)脱毛症

女性用

重症化させないこと

スポンサードリンク

脂漏性脱毛症は、皮脂の分泌が異常に多いことから、抜け毛が増加してしまいます。
もともとベタベタ体質という方に多いと言われていますが、脂肪分の多い食事を何が年続けることで、脱毛症になってしまうと言われています。

 

重症になると、脂漏性皮膚炎といって、頭皮に湿疹ができてしまうことになります。
こうなると、脱毛症だけではなく、頭皮を傷つけることになりますから、ますます治りが悪くなると言われています。

 

気をつけなくてはならないのは、食事と洗髪になります。

 

皮脂は大切な存在

脂漏性脱毛症の原因である皮脂は、誰の頭皮にもあるものです。
頭皮の表面にある汗と混ざり合い、保湿をするものですが、あまりに多いことで、毛穴を塞いでしまうことで、抜け毛を作ってしまうことになります。

 

炎症が起こったり、痒くてかいてしまって傷を作ったりも何よりも髪表面がべたつく等、トラブルが多発してしまうものです。

 

ベタベタしているだけなら、洗髪でなんとがきても、脱毛症ということになれば、これは大変なことなのです。

 

原因はいろいろ

脂漏性脱毛症の原因は、脂肪分の多い食事と生活サイクルの乱れ、シャンプーが合わない、すすぎが十分ではないなどの原因が考えられます。

 

要するに、頭皮に余計なものがたくさんあるために、それを防護しようと皮脂が自然と分泌されてしまうのです。

 

食生活とシャンプーの見直し、そして、洗髪を丁寧に行なう等の工夫をしてみてください。野菜を中心とした食事と規則正しい生活、枕カバーは毎日取り替えるようにするのも必要です。

 

スポンサードリンク

女性脱毛症|脂漏性(しろうせい)脱毛症関連ページ

女性脱毛症|分娩後(産後)脱毛症
女性脱毛症の分娩後脱毛症については、文字通り、出産後に脱毛症が起こることを言います。 一時的なもので、出産後1年くらいで、自然に治るとされています。
女性脱毛症|牽引性(けんいんせい)脱毛症
【牽引性脱毛症】とは、髪の毛を牽引(髪を必要以上に引っ張る)するで、おこる脱毛症状を言います。 例えば、ポニーテールなどできつく縛る事で、生え際に負担をかける事で起る症状ですので、簡単に改善する事が出来ます。
批糠性(ひこうせい)脱毛症
女性脱毛症は、病名がついているものも多くあります。 びまん性脱毛症、円形脱毛症、牽引性脱毛症などがあり、それぞれの原因が取り除かれることで、解決できるものもあります。
女性男性型脱毛症(FAGA)
薄毛や脱毛で悩んでいる女性の中で、その原因が女性男性型脱毛症(FAGA)のケースがあります。 これは、男性型脱毛症(AGA)の女性版です。 いうなれば、男性のような脱毛の症状が女性にも起こってしまうということになります。 もともと、女性と男性の脱毛の仕方は違うとされています。
慢性休止期型脱毛
慢性休止期型脱毛、女性に多い脱毛です。 ヘアサイクルの中で、発毛をしない休止期間が極端に長いことによります。 人間の毛髪は、発毛し成長し、やがて抜け落ちます、 ある期間頭皮を休ませるのですが、慢性休止型脱毛の場合、休むときが長いため、薄毛になってしまいます。
老人性脱毛症
老人性脱毛症とは、だいたい60歳を境に薄毛や脱毛が見られる現象です。 これは、老化現象の1つとして、体内の細胞の衰えが引き起こすもので、新しい発毛が経る、生えてくる毛も細く弱いといったことで、頭髪全体が薄毛になるものです。
女性若年性脱毛症
最近は、女性の若年性脱毛症は、老化が原因ではなく、自身のヘアサイクルの大幅な乱れが原因とされています。 要するに、生活習慣、不健康な毎日が引き起こすトラブルの一つです。
遺伝性脱毛症
女性にも遺伝性脱毛症は存在します。 男性の場合、祖父や父が脱毛症だと、自分もそうなる可能性が高いとされています。 この場合の脱毛症は、AGA脱毛症と言って、男性脱毛症を指します。 女性の場合も、男性脱毛症による脱毛が遺伝性脱毛症とされています。

 
薄毛の原因 薄毛のお悩みQ&A おススメの育毛剤